トップ病気について糖尿病の診断基準

血糖値とあわせて
HbA1c(ヘモグロビンA1c)を測定します
糖尿病には「糖尿病型」「境界型」
「正常高値」「正常型」があります

糖尿病の診断は、血糖値とHbA1c(ヘモグロビンA1c)を測る検査をし、高血糖が慢性的に続いているかどうかを確認します。健康な人の血糖値は、食前と食後を含め70〜140mg/dLという範囲で維持されます。

空腹時の血糖値が100~109mg/dL

「正常高値」となり、今後、糖尿病になってしまう可能性が考えられます。

空腹時の血糖値が110~125mg/dL

「境界型」いわゆる「糖尿病予備軍」となります。
糖負荷試験(75gOGTT)を含め、精査が望ましいと言えます。
あわせてHbA1c(正常値4.6~6.2%)が測定されている場合は、糖尿病と診断できる場合もあります。

空腹時の血糖値が126mg/dL以上、もしくは食後の血糖値が200mg/dL以上

糖尿病が非常に疑わしいことになります。
この場合、同時に測定したHbA1c(1〜2カ月の血糖を反映する指標)が6.5%以上なら「糖尿病型」と診断できます。
* 血糖値のみでは1回の検査で確定診断できません。

自覚症状や網膜症が認められる場合

HbA1c(ヘモグロビンA1c)の値にかかわらず、糖尿病の典型的症状である「喉の渇き」「多尿」「倦怠感」などがある場合や確実に糖尿病網膜症が認められる場合は糖尿病と診断できます。

* 糖尿病以外(甲状腺機能亢進症、ヘモグロビン異常症など)でも、ヘモグロビンA1cが高くなる場合がありますので確定診断には血糖検査が必要となります。

【 糖尿病の判定区分 】
糖尿病の判定区分

「正常高値」「境界型」の場合も、専門医療機関の早期受診をおすすめします。

【 糖尿病の診断 おもな流れ 】
糖尿病の診断 おもな流れ


当院では、「予約診療」を行っております。
診療をご希望の方は、お電話でご予約ください。
※当日予約可
一般の診療はすべて保険適用です。

診療内容
糖尿病・生活習慣病・甲状腺・睡眠時無呼吸症候群(SAS)・高血圧・脂質異常症(コレステロール/中性脂肪の異常)・一般内科 (各種保険適用)
午 前
午 後
診療時間 /
午前 9:00 - 12:30 午後 14:00 - 18:00 土曜 午前 9:00 - 13:00
休診日 / 金、土午後、日、祝
お問い合わせ・予約受付 0466-86-7706
Google Mapsで見る(外部サイト)

〒251-0041
神奈川県藤沢市辻堂神台2-2-1 アイクロス湘南1F
JR「辻堂駅」北口より 徒歩4分

交通アクセスはこちら