トップクリニックだより「朝の血糖値が高い」起床時の高血糖は寝ている間に低血糖を起こしているかもしれません
糖尿病患者さまのなかには「朝起きて血糖値を測ると200mg/dL以上の時がある」というように朝食前の空腹時血糖値が高い方がいます。「食事をとっていないのに就寝時の血糖値よりも高くなっているのはなぜ?」と思うかもしれませんが、この場合、睡眠中に低血糖を起こしている可能性があります。

● 夜間低血糖が早朝高血糖の誘因となるメカニズム

通常、血糖値は1日を通して常に変動しており、深夜から朝方にかけて成長ホルモンやグルカゴンなど血糖値を上昇させる「インスリン拮抗ホルモン」の血中濃度が変化します。健康な人の場合、それにあわせて血糖値を下げるインスリンホルモンの分泌量も増えるため血糖値は正常範囲内に保たれます。しかし、糖尿病治療中で、特にインスリン療法やスルホニル尿素薬(SU薬)を使用している場合、食事の量やインスリンの量、アルコールの摂取などが影響し、血糖値が下がりすぎた結果、低血糖を起こすことがあります。その反動でインスリン拮抗ホルモンの分泌量が増え、肝臓でのグリコーゲンの分解や糖新生が促進されて血糖値が上昇します。
このように、低血糖が起きた反動で血糖上昇ホルモンが分泌され、高血糖をきたす現象を「ソモジー効果」といいます。

【 図1:インスリン拮抗ホルモンの夜間の推移 】

血糖値を上げる作用のあるインスリン拮抗ホルモンは深夜〜早朝にかけて分泌量が変化します。

インスリン拮抗ホルモンの夜間の推移

同じように起床時高血糖になる現象として「暁現象(Dawn Phenomenon)」というものがありますが、これは夜間低血糖が誘因ではありません。インスリン拮抗ホルモンの分泌に対抗するインスリンが不足するために起こります。インスリンがほとんど出なくなった状態の1型糖尿病に起きやすく、2型糖尿病でもインスリン分泌が不足していると暁現象が起きる場合があります。

【 図2:ソモジー効果と暁現象 】

深夜3時ごろの血糖値をみると、ソモジー効果は低血糖を起こしていることが分かります。一方、暁現象は血糖値が上昇しています。

図_ソモジー効果と暁現象

● 夜間低血糖を起こさないために

症状には個人差がありますが、「朝の血糖値が高い」「たくさん寝汗をかいている」「嫌な感じがして夜中に目が覚める」「朝起きた時に体がだるい」などの症状があれば、夜間低血糖を疑ってみましょう。低血糖を頻繁に繰り返すと、前兆なく意識障害や昏睡に至る“重症低血糖”に陥りやすくなります。低血糖を繰り返さないためにも、症状に気づいたらすぐにブドウ糖などを摂り適切に対処しましょう。
また、血糖値が高いからといって、朝にインスリン量を増やすと1日の血糖コントロールに悪影響を及ぼす可能性があります。少しでもおかしいと思ったら主治医に相談し、インスリン量や夕食の内容について調整を検討しましょう。

【 図3:夜間低血糖を起こすおもな原因 】
図_夜間低血糖を引き起こすおもな原因

夜間低血糖を起こす原因は人それぞれです。
低血糖を起こさないために、なぜ低血糖になったのか振り返ってみましょう。


当院では、「予約診療」を行っております。 はじめての方でも、当日の電話で予約が可能です。 一般の診療はすべて保険適用です。
診療内容
糖尿病・生活習慣病・甲状腺・睡眠時無呼吸症候群(SAS)・高血圧・脂質異常症(コレステロール/中性脂肪の異常)・一般内科 (各種保険適用)
午 前
午 後
診療時間 /
午前 9:00 - 12:30 午後 14:00 - 18:00 土曜 午前 9:00 - 13:00
休診日 / 金、土午後、日、祝
お問い合わせ・予約受付 0466-86-7706
Google Mapsで見る(外部サイト)

〒251-0041
神奈川県藤沢市辻堂神台2-2-1 アイクロス湘南1F
JR「辻堂駅」北口より 徒歩4分

交通アクセスはこちら